目指す准看護師像

准看護師は医療チームの一員として確かな知識・技術を要求されることはもちろんですが、患者様の苦しさや不安を和らげ、生きる意欲や希望を喚起する優しさやいたわりの気持ちが大切な要素です。そのためには、自分自身が心身ともに健康であることが基本です。

当校では豊かな人間性を育み、「その人らしく生きる」ために必要な看護の基礎的知識、技術を習得し、安全、安楽を考えられる看護実践者を目指します。

学習指導

  1. コミュニケーション技術を深め、対象者を観察する知識・技術を学ぶ場を提供します。
  2. 臨床、教育の第一線で活躍中の講師陣により、最新の医療、技術を指導します。
  3. さまざまな状況下にある対象者に適応できる場としての多くの臨地実習施設を整備しています。
  4. 複数教員による指導、および図書室、実習室使用による自主学習の協力体制を整えています。
  5. 教員指導の下に過去問の徹底研究など、准看護師資格試験対策をします。

学びのステップ

2年間という短い期間で准看護師に必要な知識・技術・態度を効率よく習得するためにはブロック(小さな目標)を段階的に積み上げていく必要があります。そのために『学びのステップ』があります。

1年生 病気と障害の理解 看護の知識と
技術の習得2年生 臨床実習で実践力を身に付ける 准看護師試験対策

1年生

  • 一般教養や身体の構造など基本を学び、人間の全体像を探求する。
  • 看護の本質について学び、それをとりまく保健医療福祉についても広く学習する。
  • さまざまな疾病や障害など、基礎医学を学ぶと共に、それら疾患に対する基礎看護技術、専門科目を学習する。
  • 看護の基本を学習し、2年次から本格的に始まる臨床実習の準備を整える。

2年生

  • 臨地実習を通じて、看護の基本を学ぶ。
  • 授業の中で教授内容を吟味して、准看護師試験対策を学習する。