【准看護科】准看護師とは


准看護師イメージ
准看護師の仕事内容は?
医療、保健、福祉などの現場で活躍する医療従事者

各都道府県知事の免許を得て、医師・歯科医師・看護師のもとに、療養上の世話や診療上の補助などを行います。准看護師は介護福祉士にはできない医療行為が可能なことから、近年特に高齢者施設などで需要の拡大が見込まれています。また、習得した医療の基礎的知識・技術は家庭生活においても貴重なものといえるでしょう。


看護師と准看護師の違いは?

看護師は厚生労働省の国家資格、准看護師は都道府県知事免許です。(准看護師免許は、取得した都道府県内に限定されるものでなく日本全国で有効です。)


准看護師になるためには?准看護師から看護師へステップアップするためには?

准看護師になるためには、中学校または高校卒業後に准看護師養成学校、または高校の衛生看護科で勉強、その後に、各都道府県で実施される准看護師試験に合格し、知事の免許を受ける必要があります。


准看護師の資格取得後、以下の方法で看護師を目指すことができます。(※中学校卒業の准看護師は3年以上の准看護師業務経験要。)

  • 高等学校専攻科もしくは看護短大又は看護師養成所で2年間もしくは3年間(定時制)学び、国家試験を受ける。(看護師2年課程)
  • 准看護師の資格取得後、通算就業経験10年(120か月以上)業務に従事し、看護短大もしくは看護師養成所で2年間学び、国家試験を受ける。(看護師2年課程 通信制)
看護師ステップアップチャート(准看護師→看護師→保健師・助産師→専任看護師・認定看護師)
活躍できる場は?
ますます広がる活躍フィールド
一般医療機関
  • 一般医療機関総合病院・一般病院・大学病院・
    訪問看護ステーション

高齢者施設
  • 高齢者施設老人保健施設・特別養護老人ホーム・
    デイケアサービスセンター

児童福祉・身体障害者福祉施設
  • 児童福祉・身体障害者福祉施設肢体不自由児・重症心身障害児施設・
    養護学校・通所施設・保育所

その他
  • その他民間企業

准看護師ますます広がる活躍フィールド