【看護学科】学科の特長


目指す看護師像

看護師は医療チームの一員として確かな知識・技術を要求されることはもちろんですが、患者様の苦しさや不安を和らげ、生きる意欲や希望を喚起する優しさやいたわりの気持ちが大切な要素です。そのためにはまず自分自身が心身ともに健康であることが基本です。

当校では豊かな人間性を育み、「その人らしく生きる」ために必要な看護の基礎的知識・技術の統合を図り、地域社会の保健医療福祉の場において貢献できる主体性のある看護実践者を目指します。


ピックアップカリキュラム

小児看護学実習
  • 病棟、外来、病児保育を通じて、近年、新たな役割を担うようになった小児看護の特長と様々なニーズをかかえた子どもと家族に対する看護について学習する。
  • 関連実習として行われる幼稚園実習で、子どもに対する理解をより効果的に深める。
小児看護学実習

老年看護学実習
  • 介護老人施設で生活している対象の生活機能に応じた援助の実際を学び、看護の役割について理解を深める。
  • 健康障害をもった老年期の対象とその家族への援助の実際について学習する。
老年看護学実習

在宅看護論実習
  • 地域で生活しながら療養する人々とその家族を理解し、在宅看護の実践を学習する。
  • 疾病や障害を持ちながら在宅で生活している対象とその家族の健康面と生活についてを学習する。
  • 地域で生活している対象とその家族が受けている保健医療福祉の支援活動の実際について学習する
  • 多職種と協働する中で、在宅看護の役割について理解を深める。
在宅看護論実習