目指す看護師像

看護師は医療チームの一員として確かな知識・技術を要求されることはもちろんですが、患者様の苦しさや不安を和らげ、生きる意欲や希望を喚起する優しさやいたわりの気持ちが大切な要素です。そのためにはまず自分自身が心身ともに健康であることが基本です。

当校では豊かな人間性を育み、「その人らしく生きる」ために必要な看護の基礎的知識・技術の統合を図り、地域社会の保健医療福祉の場において貢献できる主体性のある看護実践者を目指します。


学びのステップ

3年間という短い期間で看護師に必要な知識・技術・態度を効率よく習得するためにはブロック(小さな目標)を段階的に積み上げていく必要があります。そのために『学びのステップ』があります。

(1年生)看護の基礎を学ぶ、臨地実習の準備を整える(2年生)病気と障害の理解 看護の知識と技術の習得(3年生)臨地実習で実践力を身につける、国家試験対策